google アナリティクス 権限付与する方法【画像説明】

2020年3月2日

スポンサードサーチ

Googleアナリティクスで特定のサイトだけを追加ユーザーに権限付与する方法

    状況

  • あるサイトのサーバー移管先の人(他社の人)が、移管前に過去のSEOをチェックしたいとき
  • 一つのグーグルアカウントで複数サイトを管理しているときに、特定のサイトだけをユーザーに権限付与したいとき(セキュリティ問題)
  • 会社で複数のアカウントでSEOを見る場合。(権限ある人が一人いるみたいなこと)
    私が思ったポイント

  • まず、複数のサイトを登録していても、追加のユーザーへ特定のサイトだけを権限付与することができること
  • 追加ユーザーはGmailだけでいい
  • 画像で説明しているが探しにくかった



Googleアナリティクスで特定のサイトだけを追加ユーザーに権限付与する手順ここから!

グーグルアナリティクス
普通にグーグルアナリティクスの画面にログインした画面

アナリティクスアカウント
赤いをクリックして、アナリティクスアカウントを選びます。選んだアナリティクスアカウントのサイトだけを追加ユーザーが見れるように権限付与をするためです。

アナリティクスアカウント
プルダウンからアナリティクスアカウントを選びます。画像はアナリティクスアカウントが一つですが、複数ある場合を想定しています。選べたら、をクリックして追加しに行きます。

④、⑤とクリックして進んでください。

権限付与
Gmailを入れるだけでいいです。パスなし。青い①~④の様にここで権限の選択ができます。を選ぶケースですすみます。

上の画像の①~④のユーザー権限の説明は、
下の表で確認できます。

公式ページはこちら

スポンサードサーチ

google analyticsで権限を閲覧のみにしたい場合

画像で説明した通りの「表示と分析」選べば、追加ユーザーが操作編集はできないので、セキュリティ的に安心。
つまり、閲覧のみの権限付与をしたい場合は、上画像のにチェックを入れましょう。

権限 説明
ユーザー管理 アカウントのユーザーを管理できる権限です(ユーザーの追加や削除、権限の設定)。編集や共同編集の権限は含まれません。アカウントや、プロパティ、ビューでこの権限を持つ任意のユーザー(自分自身を含む)に、完全な権限を与えることができます。
編集 管理やレポートに関連する操作(アカウントやプロパティ、ビュー、フィルタ、目標などの追加、編集、削除。ただし、ユーザー管理を除く)や、レポートデータの表示を行うことができます。

フィルタを作成するには、アカウント レベルでの編集権限が必要です。フィルタを適用するには、ビューレベルでの編集権限が必要です。

「共有設定」の権限が含まれます。

共同編集 個人アセットを作成、編集、削除、共有することができます。共有アセットを共同編集できます。「表示と分析」の権限が含まれます。

共有アセットには次のものが含まれます。

  • アトリビューション モデル
  • チャネル グループ
  • コンバージョン セグメント
  • カスタム レポート
  • ダッシュボード
  • 分割
  • 非サンプリング レポート
表示と分析 レポートと構成データの表示、レポート内でのデータの操作(表にフィルタを適用する、セカンダリ ディメンションを追加する、セグメントを作成するなど)、個人的アセットの作成と共有、共有アセットの表示が可能な権限です。共有アセットを共同で操作することはできません。
追加できたらok!赤文字のとこに追加したGmailが表示されます。青ののパターンだと「表示と分析」と表示されます。

これで、会社のメンバーだとか、サーバー移管先の他社の人だとか、いろいろ付与された人はアナリティクスで検索キーワードでもなんでも見れて、SEO対策練れますね。

ブログ

Posted by tupeono10