iMovieで字幕&テロップ挿入で動画編集する方法(iPhoneアプリ)

2020年11月17日

スポンサードサーチ

無料アプリで動画にテロップを入れよ

Left Caption

動画撮影だけ好きな人

YouTubeやってみたいけど、難しいんだろうね、、、。
Right Caption

管理人ぴよさく

やたらYouTubeが流行っているので、自分でもやってみたいですよね。
ムズカシそうな動画編集もスマホだけで簡単に完了できますから大丈夫ですよ。
ここ一年で急速に動画コンテンツが増えてきましたね。(2020年10月更新)

とりあえずとっかかりに、スマホで撮影した動画をスマホだけで編集でもして、動画クリエイターになりきってみるのがいいと思います。

私が思うメリットは以下です。

  • 無料
  • 有名なアプリ
  • 使い方シンプル
  • スマホ完結

努力なしで無料で動画を雰囲気いい感じに編集できれば、
youtube配信デビューできるんじゃないか!?

と思ったことがきっかけで記事を書きました。

この記事ではiMovieで音楽に字幕テロップの入れ方を解説しています。

iMovie 字幕の入れ方(画像説明)

上で紹介した動画を参考に字幕の入れ方の流れを説明しますので、下からの画像をご覧ください。
iPhon版iMovieに動画を入れている状態からのスタートです。
まずiPhoneのカメラロールにある動画をiMovieに入れます。黄色矢印の”編集”をタップします。

まずiPhoneのカメラロールにある動画をiMovieに入れる。
次に、

ここら辺は見れば、感覚的に選んでいける範囲だと思います。黄色矢印のムービーをタップすると、下の画像の様に出てきます。

指で「シャーッ」と左にスライドして最初に戻します。すると下の画像のようになり、やっと編集っぽい作業に入れます。

iMovieの使い方(詳細編)

字幕入れるという作業の前に、カットポイントを作る作業をします。

【上画像の①~④】
①の再生ボタンを押すと、画面上部の動画が再生されます。
②の動画のコマの任意の箇所でタップをすると、その場所の編集ができるというニュアンスです。ここも感覚的にわかる範囲だと思います。
③のはさみマークをタップします。字幕の開始点を作るイメージです。
④の分割をタップすると字幕の開始点ができあがります。

下画像の、黄色矢印のTマークをタップすると、動画に文字入力する箇所が出てきます。
字幕を入れていきますよ。
下の様にタイトルってとこに、字幕用の文字を任意で入力します。

ちなみにiMovieは字幕の位置は自由に変更ができません。

そこでおすすめなのが、字幕の位置の移動も自由・フォントの装飾も豊富・フォントのアクション機能も無料でついているCapCutです。
インストールはこちら(無料)からお願いします。

Right Caption

管理人ぴよさく

2020年10月現在は私はCapCutを使っています。
使いやすいです。
それでは、iMovieの開始点の作り方の説明を下へ読み進めください。
【ポイント】字幕は、開始点作成→字幕作成→終了点作成。この流れが必要なんですね。

字幕を終了したいコマでタップし、終了点を作成できたら、字幕作成完了と言えるでしょう。
それでは黄色矢印の+マークの方をタップするとワイプの挿入になってきますので、続きは項目で!!

スポンサードサーチ

iMovie テロップ(画像)の入れ方

ではテロップ(画像)の入れ方は、上の直前の画像の+マークをタップしたところから進めます。+マークをタップして、カメラロールからワイプにしたい画像を選びます。

赤枠内の・・・マークをタップします。

カメラロールから任意の画像をタップすると、上の画像のようにポップアップでメニューが出るので赤枠内の・・・マークを選びます。

すると下の画像のように出てきます。

ピクチャ・イン・ピクチャを選ぶ。

任意で画像を選び、ピクチャ・イン・ピクチャを選んだら、下のように表示されます。
下は、某サイヤ人ですね。

テロップの終わるタイミングを調整してね。

テロップで終わるタイミングを微調整してください。
※上画像黄色矢印

これで紹介動画ぐらいなら作れますね。
ここまで見てくれてありがとうございます。

【まとめ&結論】iMovieで字幕&テロップ入れるよりいいこと

画像たくさんのこの記事をご覧いただきありがとうございます。

iPhone版iMovieで字幕の入れ方や、テロップの入れ方は学べたでしょうか?

要は、

  • 字幕
  • テロップ(画像)
この方法だけでもマスターできたらだいぶいいと思います。しかし、

iMovieよりCapCutを使った方がいいです(2020年10月,体験談)

こちらの記事でiMovieの操作方法を書いた本人ですが、ぶっちゃけCapCutの方が全然いいです。

capcutの詳しい操作方法&機能説明&無料インストールはこちらからお願いします
使いやすさや、充実した機能におどろくことだと思います。
カットするところなどは、iMovieと似ているところもあるので、今までの経験も活かせると思います。
エフェクトとかマスクなどの機能も、感覚的に使える優秀過ぎるアプリです。
Right Caption

ぴよさく

操作はiMovieよりかんたんで、
動画編集に慣れた私は、30分ぐらいでだいたいをマスターできました。

CapCut最高!!ということで、以上となります。